AI Development

ConnectivのAI開発

AIの知識が無くてもスモールスタートできる

AI(人口知能)はここ数年、ニュースや新聞等に取り上げられるようになり、社会のあらゆる領域で活用されつつあります。一方で経済産業省の予測では2020年には日本国内で5万人の先端技術を取り扱えるエンジニアが不足するという予測が出ており、自社でAIの取り扱いができるエンジニアを確保する事は非常に難しい状況です。

ConnectivのカスタムAI開発は、AIエンジニアが機能設計から学習データ収集、導入までトータルでサポートさせて頂きますので、企業のご担当者様に専門的なAIの知識は不要です。また、『ラボ型開発』という月額費用型の開発モデルを採用する事で、機能設計時の工数をミニマムからスタートできるため初期コストを抑えられる事が特徴となります。

what's AI

AIとは

AIとはArtificial Intelligence(人工知能)の略で、人間の認識や推論などの思考する能力をコンピュータで疑似的に再現する技術の事です。現在ではAI技術の進歩がめざましく、人間では真似できないような大量のデータ分析やそれを基にした的確な予測ができるようになってきました。その背景にはハードウェア性能の向上と、AIの学習に使用できる膨大なデータ収集が可能となった事があります。加えて「機械学習」から発展した「ディープラーニング(深層学習)」と呼ばれる技術により予測だけでなく、画像認識や音声認識、自動翻訳等、解析技術の精度も飛躍的に向上しています。

CURRENT AI

AIの現状

人工知能(AI)はここ数年、ニュースや新聞等に取り上げられるようになり、社会のあらゆる領域で活用されつつあります。ECサイト上での商品のレコメンドや、ビジネス上の売上や需要予測、スマートスピーカーの音声認識など、ビジネスシーンだけでなく一般的に使うサービスなどにも組み込まれており、気づかぬうちにAIの恩恵を受けています。最近ではレントゲン写真の画像解析による診療、借り入れの為の与信審査など、より知識や経験が必要となる業務にもAIの活用が進んでおり、その需要は加速度的に増えていっています。

ENGINEERS

エンジニアの現状

AIを扱えるエンジニアは非常に少なく、大半のエンジニアを抱えるのはGoogleやAmazonを有するアメリカで、それを莫大な費用を投資して追いかけているのが中国です。今はこの2強がエンジニア争奪戦を行っています。日本はというと、一部の大企業やスタートアップ、大学などにエンジニアや研究者が僅かにいるだけであり、2020年には日本国内で先端技術を取り扱えるエンジニアが5万人も不足するという経済産業省の予測が出ています。自社でAIの取り扱いができるエンジニアを確保する事は非常に難しい状況となりつつあります。

our solutions

ソリューション

画像解析

レントゲン写真での疾患の早期発見や画像での物体識別などを例とした『画像解析』を行います。画像や分析の方法問わず、幅広い用途での活用が可能で、AIに学習させる画像が多ければ多い程、高精度となります。

音声認識

音声による性別や年齢の識別や音声からテキストへの文字起こしなど、『音声認識』を行います。スマートスピーカーにも使われている技術で、人間との対話や議事録の自動生成などに使用されています。

自動翻訳

英語から日本語へのテキスト翻訳や音声による翻訳を『自動翻訳』にて実現します。工場、生産拠点など専門用語が多く使われる現場では、専門用語を学習させる事で高い翻訳精度を実現します。

チャットボット

質問や問い合わせ内容に回答するロボット、『チャットボット』を構築する事が可能です。Webサイト上でのよくある質問への回答や、飲食店などの予約受付などの一時対応を無人化する事で人件費の削減が見込めます。

カスタムAI

4種のAIの他に、個人の閲覧履歴より商品のレコメンド出したり、ビッグデータの解析/予測を、需要予測に応じて最適価格を提示するダイナミックプライシングなど、ユーザのニーズに合わせたAI構築を行います。

Our features

特徴

CONTACT US

当社は対面によるAI開発相談を無料で受け付けております。要件整理やお見積り作成も可能となっておりますので、下記フォームより気軽にお問い合わせください。