ソフトウェア開発に革命を

NoShore Labは企業と世界中のエンジニアチームをAIがマッチングする次世代開発プラットフォーム。
エンジニアにはスキルに見合う適正単価を企業には全世界のエンジニアリソースを適正価格で提供します。
ようこそ。NoShore Labの世界へ。

特許申請番号:2017-220618

What's NoShore Lab

NoShore Labとは

『NoShore開発(ノーショア開発)』はConnectiv株式会社の提唱する新たな開発スタイル。従来は国内開発「オンショア開発」や国外で開発する「オフショア開発」など、開発する場所で呼び方が変わっていましたが、NoShore開発には開発する場所の決まりは無く(No Shore)、働く時間や性別、年齢、国籍に縛られないオープンな開発と定義しています。

スキルを持ったエンジニアを繋ぎ、チームとして大きな開発も可能とするNoShore開発プラットフォーム。それが『NoShore Lab(ノーショアラボ)』です。

SOLUTION

解決する課題

国内で開発を依頼するとエンジニア単価が高額です。しかし実際に開発を行っているのは単価の安い海外のエンジニアである事が多く、その方々はスキルに見合った対価を受け取る事が出来ません。NoShore Labでは開発依頼企業とエンジニアを直接繫げる事で中間管理コストを下げ、双方の価格を差を無くし、適正単価と適正報酬の両立を目指しています。開発依頼企業には適正な単価を、エンジニアには適正な対価を提供します。

FEATURES

NoShore Labの特徴

チームビルド

NoShore Labではアサインしたプロジェクトマネージャーが世界中のエンジニアから最適なメンバー必要なだけ集めチームビルドを行います。従来とは異なる1:1:Nのマッチングによるチームビルドです。

AIマッチング

実績の多いエンジニアは必ずしも最適なパートナーとは限りません。NoShore Labでは、AIが世界中のエンジニアからプロジェクトに最適なメンバーをレコメンドします。

手数料¥0

NoShore Labは案件受発注の手数料が無料。発注金額の大きいプロジェクトであっても、手数料を心配せずに発注を行う事ができます。受注側にも手数料はかかりません。

ENGINEER MERIT

エンジニアのメリット

自由な働き方

働く時間や働く場所は人によってベストは様々。定時退社後の時間や週末だけのワークも可能。自身のワークスタイルに合わせて決める事ができます。

適正な報酬

エンジニアのスキルレベルに見合った適正価格での作業が可能です。最低単価設定もあり安心です。自分の年齢や性別、国籍は全く関係ありません。

チーム開発

1人でプロジェクトを受けるのは不安ですが、チームで開発を行うので大規模プロジェクトでも安心です。チームメンバーと話し合いながら進める事ができます。

事前登録フォーム

事前登録でクローズドβ版リリース時に先行でご招待いたします。クローズドβ版のリリースは2019年5月を予定しております。